不動産投資と確定申告

不動産投資を始めると、賃料収入を得ることになりますから、多くの場合には確定申告をしなければなりません。
サラリーマンの場合には、会社が源泉徴収を行ってくれて、そして年末には年末調整を行ってくれますから、それで納税関係は完了します。

シノケンハーモニーの評判情報サイトの利用価値をご存知ですか。

ですから、普通に働いている人なら確定申告を意識することはないでしょう。


しかしながら、不動産投資をして賃料による収入が発生すれば、課税関係の手続きは自分で行わなければならないという点に注意しなければなりません。サラリーマンとして働きながら賃料収入が発生しているのであれば、まずサラリーマンとしての給与所得があり、それに不動産所得が発生しますから、それらを合算することが必要となります。

不動産投資のセミナーの情報をお知らせいたします。

給与所得に関しては、会社が源泉徴収を行ってくれていますから、つまり先にある程度の税金を納めてくれているのです。

その金額を知るためには、源泉徴収票という書類を手に入れなければなりません。
これは会社からもらってくることになります。


そして、不動産投資における収入については自分で計算しなければなりません。もちろんですが著簿をつけていくことも必要となります。経費が発生すれば、それも帳簿につけることが必要となるという点に注意しなければなりません。



そして、不動産所得と給与所得を合算して税務署に申告します。
手続きは少し難しいように思えるのですが、一度できるようになっておけば、その後は特に難しいとは感じないでしょう。